グリーンスムージーの種類

グリーンスムージーの種類は今現在でも増え続けています。
グリーンスムージーのもとになる葉野菜を変えることで、その野菜に含まれている成分が違い、期待できる効果も変わってきます。
自分のその時の状態によって、ぴったりなグリーンスムージーを飲むことができるでしょう。

基本は葉野菜+水+フルーツの組み合わせ

種類は豊富にありますが、グリーンスムージーの基本は、1種類の葉野菜+水+フルーツになります。
葉野菜を1種類だけ入れる人が多いのですが、中には2種類ほど組み合わせている人もいます。
よく使われる野菜としては、パセリやレタス、水菜、ほうれん草、セロリなどが挙げられます。
それぞれの野菜には豊富な栄養素が含まれており、私たちの体に良い影響を与えてくれるでしょう。
まずはポピュラーなレシピを試してみて、それから様々な種類に挑戦していき、自分好みのグリーンスムージーを見つけるのも良いですね。

牛乳・豆乳を混ぜたグリーンスムージー

野菜が苦手、小さい子供にグリーンスムージーを飲ませる際、より味がまろやかになる方法があります。
それは水の変わりに牛乳・豆乳を混ぜることです。
特に、豆乳は栄養価が高い割にカロリーが低く、ダイエットを目的に飲んでいる方は牛乳よりも豆乳がお勧めです。
毎日変わりのない味を変えるためにも気分転換に、豆乳や牛乳に変えてみて下さい。

毎日1種類の野菜だけはNG

グリーンスムージーの種類はたくさんあるのに、毎日1種類の野菜だけ使い飲み続けてしまうと逆効果になってしまう可能性があります。
栄養はもちろん高いのですが、できれば違う野菜を使ってグリーンスムージーを楽しんでいって下さい。
健康効果やダイエット効果のためにグリーンスムージーを飲んでいると思いますが、より楽しみながら飲むためにも様々なグリーンスムージーを試してみることをお勧めします。
今日はどんな野菜を使おうか、どんな味のグリーンスムージーにするか楽しくなってくるでしょう。

▲pagetop