グリーンスムージーに適した食材は?

主に、葉野菜とフルーツが食材となるグリーンスムージーに使われる食材はたくさんあります。
グリーンスムージーを初めて自分でつくり、飲もうと考えている方はどの野菜を選べば良いのか悩むと思います。
どのような野菜を使えば良いのかグリーンスムージーにぴったりの野菜・フルーツといった食材を紹介していきましょう。

緑の野菜

ほうれん草、小松菜、レタス、水菜、クレソン、ミント、パセリ、セロリ、モロヘイヤ、クレソン、春菊というような緑の葉野菜が基本となっています。
基本的に、生で食べることができる葉野菜であれば何でも使うことができます。
緑の野菜は昔から非常に栄養の高い野菜として食べられてきており、フルーツでも相性は良いものばかりです。
初心者にお勧めな野菜は「小松菜」となっています。
小松菜は独特の匂いや臭みがなく、アクもあまりないのでグリーンスムージーにしても非常に飲みやすくなります。
まずは小松菜から始めてみて、相性が合いやすいチンゲン菜や水菜、ほうれん草などにチャレンジしていくと良いでしょう。

フルーツはビタミンが多いもの

フルーツは基本的にビタミンが多いものをお勧めしたいと思います。
グリーンスムージーに良く使われるのは、リンゴ、レモン、バナナ、洋梨のようなフルーツとなっています。
これらに共通するのはビタミンはもちろんのこと、様々な成分が含まれています。
例えば、リンゴには新陳代謝を上げてくれるリンゴ酸、レモンには美容にかかせないビタミンCやクエン酸がたくさん入っています。
フルーツを入れることで甘みも増すことになるので非常に飲みやすくなるのも特徴的です。
リンゴとレモンはお勧めのフルーツとなっています。

応用編

応用としてこのような野菜もグリーンスムージーにすると美味しいということを知っておけば、よりグリーンスムージーを楽しむことができるはずです。
ダイエットとしても一時期ブームになったトマトやパプリカ、ヤマイモ、ダイコン、カブも野菜そのものの美味しさを感じることができます。
基本となる葉野菜にこの応用編となる野菜を組み合わせることで、さらにグリーンスムージーの効果をあげてくれるでしょう。
グリーンスムージーに慣れてきた方はぜひチャレンジしてみて下さい。

▲pagetop